余裕のある朝は、自信になる

二度寝防止&早起きする方法を紹介|朝起き.com

不眠・眠れないときの対策 睡眠の基礎知識 自律神経を整える方法

不眠タイプを知るだけじゃ眠れないまま!ストレスタイプも見極めよう

投稿日:01/09/2016 更新日:

 

なつ子
うーん……。
こう太
どうしたんだ、なつ子ちゃん?

難しい顔して。

なつ子
あ、こう太くん。

さっきネットで『不眠症のタイプ別診断』ってのをやってたのよ。

こう太
へー。今どきはネットで何でも調べられるんだな。
なつ子
そうなのよね。

でもなんだか納得いかないのよ。

こう太
なんで?

▼不眠タイプ確かめても解決できないことが多い

 

なつ子
不眠症タイプ別診断をやってみたのはいいんだけど、私の場合は『入眠障害』と『中途覚醒』が入り混じった感じで『塾眠障害』も結構あるかなって感じなのよね。

要するに一つに絞れなかったわけなのよ。

しかも、自分の不眠のタイプが分かったところで何をすればいいのかよくわからないのよね。

「それで?」っていう感じでいっぱいなのよ。

シュラフ君
あー、そういう「それからどうしたらいいの?」ってタイプ別不眠症診断って多いんだよね。

基本的には「タイプが分かったら医療機関に相談しに来てくださいね」って狙いなんだけど、病院に行かないで不眠症を治療したい人にとっては、不眠症タイプ別診断って役に立たないことが多いんだよ。

あれはお医者さんにとって役立つものだからね。

なつ子
そうだったのね。

病院に言ったら薬を出されそうで……。

私はまだ薬には頼らないで頑張ってみたいタイプだから釈然としない結果になったのね。

こう太
そういうことか。

でも、自分の不眠タイプがはっきり分かったら、対策を立てやすくなったりしないのか?

シュラフ君
いや、意外と難しいよ。

もちろん、専門的な知識がある人なら別だけどね。

なつ子
そうね。

私も不眠のタイプが分かっただけで置いてけぼりをくらった感じになったもの。

シュラフ君
もし、不眠症を改善させたり、夜ぐっすり眠れるようになりたかったら、ストレスタイプを確認するほうがよっぽどいいよ。
こう太
えっ、ストレスにもタイプってあるのか?

 

▼ストレスタイプを確認することで不眠改善が早まる

 

なつ子
確かにあんまり意識してこなかったけど、ストレスっていろんな要因から溜まっていくもだものね。

タイプ別に分けられるのも不思議じゃないわね。

シュラフ君
そうそう。

人間関係とか仕事のプレッシャーとか天気とか病気とか、本当にいろんな要素がストレスの原因になり得るからね。

こう太
てか、不眠症のタイプより、ストレスタイプを確かめた方がいいって言ってたけど、ストレスも不眠タイプみたいにタイプ分けできるのか?
シュラフ君
もちろんできるよ。

基本的に人間が感じるストレスは分類上4つのタイプに分けることができるんだ。

  1. 物理的ストレス:温度、湿度、騒音など
  2. 生物学的ストレス:細菌や花粉など
  3. 肉体的ストレス:仕事、疲労、睡眠不足、体の痛みなど
  4. 心理的ストレス:身近な人の死、不安や落ち込みなど

の4タイプだね。

こう太
ほほう。

今までストレスって得たいの知れないもののように感じてきたけど、こうして分類してまとめると分かりやすいな。

なつ子
そうね。

とにかく、自分にとってウェイトを占めるストレスタイプを見極めれば、対策が立てやすいってことよね。

シュラフ君
その通り!

 

▼ストレスの元を絶とう!

 

シュラフ君
自分のストレスで大きなウェイトを占めているストレスタイプは何なのかを考えてみるといいよ。

例えば、季節の変わり目を境に眠れなくなった人は、物理的ストレスを感じやすい人だから着るものや空調に気をつけたらいいんだってことが分かるよね。

肉体的ストレスを感じやすい人は、疲労からくるストレスなら、鳥の胸肉などの疲労回復に効くを食品を食べたりする対策も考えられるよね。

人間関係からくる心理的ストレスを感じやすい人なら、せめて短期間だけでも苦手な人と交わることを避けてみる努力ができるかもしれないしね。

人によって事情はそれぞれだけど、とにかくストレスのもとを特定して意識することに意味があるんだ。

なつ子
確かに私も眠れなくなったのは、働き始めてからの不安や人間関係とか苦痛になってからなんだけど、なかなか行動に移せなかったのよね。

眠れなくなったストレスの元が心理的なものだってはっきりすれば、行動に移すきっかけになりやすいからいいかも。

こう太
俺も睡眠障害を改善させるための方向性が定まらないと動き出せない方だからストレスタイプの分類は助かるかもしれないな。

俺の場合は過眠とか起立性調節障害の方だけど。

シュラフ君
そうだね。

これは不眠症に限らず、全ての睡眠障害に言えることだよ。

睡眠障害の多くは、ストレスが原因で起こるものだからね。

なつ子
とりあえず、自分が感じやすいストレスタイプを意識できれば対策を立てやすいってことなのね。
こう太
シンプルだな。
シュラフ君
なんとか理解できたかな?
なつ子
ええ。

別に難しい話じゃなかったわ。

ただ、感じやすいストレスタイプを自覚できても効果的な対策を立てるのは難しそうね。

シュラフ君
確かに、それは難しいんだけど、実際のところ難しく対策を立てなくても、意識するだけでストレスは軽減されると思うよ。
こう太
確かにスポーツでも勉強でも、改善への意識を持つだけで上達のスピードが全然違うもんな。
シュラフ君
そうそう。

対策を立てるのが苦手な人は無理に考える必要はないよ。

 

▼まとめ

 

なつ子
今回の話をまとめると

・不眠タイプを特定しても改善につながらないことが多い

・不眠を始めとする睡眠障害はストレスが原因なので、ストレスタイプを特定するほうが睡眠障害改善につながる

・ストレスタイプは

  1. 物理的ストレス
  2. 生物的ストレス
  3. 肉体的ストレス
  4. 心理的ストレス

の4つに分類される

・自分にとってウェイトを占めるストレスタイプを特定し、意識するとストレスを軽減しやすくなる

ってところかしら?

シュラフ君
ありがとう。

あんまり具体的な解決策ではないんだけど、改善の糸口にはなると思うんだ。

こう太
うん。

個人によってストレスの感じ方は違うから、ストレスの軽減方法も千差万別だよな。

シュラフ君
そうだね。

もし今回の内容に関して質問が合ったり、「もっとこういった情報が欲しい」とか「こんな疑問がある」って方は『kaimin@xn--w8j436ntby.com』までご意見をお寄せください。

-不眠・眠れないときの対策, 睡眠の基礎知識, 自律神経を整える方法

Copyright© 二度寝防止&早起きする方法を紹介|朝起き.com , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.